別れた原因は?

あなたと彼の別れの原因を深いところまで分析していくことが大切です。その際、気をつけなければいけないのは、自分にとって都合のよい結論にしないことです。

サイトマップ

彼と別れたすぐ後に、自分の何が悪かったかなどという原因をじっくり考えている余裕などありませんよね。「なんとかしないと」という気持ちでいっぱいになってしまいます。

 

別れた原因を自分に問いかける

ここはぐっとこらえて「なんとかしないと」という気持ちから離れましょう。「なんとかするには、いったん待たなきゃいけない」と自分の心に言い聞かせるのです。この言葉が理解できるようになると、心が落ち着いてきて、「なぜ別れることになったのか?」という疑問を自分に投げかけることができるようになります。

ここで考えなければならないのは、表面的なことではありません。彼の奥にある思いのことです。

例えば、別れの原因が彼の仕事が忙しくなったということだとします。この場合、「彼の仕事が忙しくなった」というのは表面的な理由です。実際は、もっと深い理由があります。

彼の仕事が忙しいときに、彼に「かまって」としつこくした。彼にとっては「余裕がない状態」であったのに、彼の気持ちを考えていなかった。彼がそのとき望んでいたのは「彼女をかまってあげる」ではなく「彼女に癒されたい」ということに気づかなかった。そして、「もっと私の相手をして」と迫ったことで、彼がどんどん疲れていった。

こう考えていくと、原因は、「彼の仕事が忙しくなった」ということではなく、「わたしがしつこくかまってと言っていた」ということだということがわかりますよね。このようにあなたと彼の別れの理由を深いところまで分析していくのです。

 

都合のよい結論にしない

ここで気をつけなければいけないことがあります。それは、自分にとって都合のよい結論にしないことです。

例えば、さっきのように彼の仕事が忙しくなったときに、しつこくかまってといったことで別れることになったという状況の場合、「彼の仕事が忙しくなくなったときは、私の元に戻ってきてくるに違いない」と考えてしまうことです。

でも、これは大きな間違いで、男性は次のように考えます。「俺が忙しいときに負担をかけるような女性なら、もっと大変なときにはさらに悪い状況になってしまうだろう」と。なので、彼は仕事が落ち着いても戻っては来ません。しつこくかまってといった点が改善されない限り、仮に彼とやり直しができたとしても、同じことの繰り返しになるだけなのです。

しっかりその事実を受け止め、本質を見極めた上で、「私が彼を支えてあげればよかったんだ」というような結論が出ればOKです。別れの本質を理解できれば、次に彼とつきあったときに同じ失敗を繰り返さずに済み、きっとうまくいきます。

彼が忙しいときに「寂しい」「いつメールくれるの」という言葉ではなく、「体に気をつけて頑張ってね、応援してるよ」というメールを自然に送ることができると、彼も感謝してあなたのことをもっと大事にしてくれるはずです。

別れの理由はいろいろありますよね。その中でもよくある理由である以下の2つについて、問題の本質を見てみます。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

復縁マニュアル

第1位

[女性用]
復活愛!川村大地の4ステップリカバリー

第2位

復縁女性版
7つのステップでもう一度好きにさせる方法

第3位

【復縁女性版マニュアル】女性限定!『復活愛の極意!元カレと寄りを戻す方法』

女子力向上プログラム

第1位

セット限定【980円】
美顔革命!この価格が実現したワケ

第2位 【モンドセレクション金賞】ダイエット食品、
スピルザDXを本体12,000円)が全員無料!
第3位 エルセーヌ「小顔」体験キャンペーン