やりがちな過ちに気をつける

復縁に成功して1、2カ月が経つと、彼に対して「あのときはあんな風にしてほしかった」「私の意図をくみとってほしかった」というようなことを言いたくなってきます。

サイトマップ

復縁に成功して1、2カ月が経つと、彼に対して「あのときはあんな風にしてほしかった」「私の意図をくみとってほしかった」というようなことを言いたくなってきます。

 

昔のことはあえて言わない

復縁を目指していたときには、それらの言葉が復縁を阻止する言葉だとわかっているので我慢できているのですが、願いがかなってしまったことで、油断が出てきてしまうからです。

自分の気持ちを分かってほしかったばかりに、つい昔のことをほじくり返したくなってしまったり、今まで溜まっていた想いを吐き出してしまいたくなったりしてしまいます。

ですが、このような行為はせっかく貼っておいた傷の補修テープをはずして、傷を深くする行為と同じです。当時の気持ちを伝えたところで、すでに彼は以前の彼とは違う人だし、あなたも以前のあなたとは違う人になっています。

いったんリセットした関係なのですから、昔のことをほじくり返すことは二人の関係にとってマイナスにしかなりません。当時の気持ちを伝えたところで、彼からも「俺だってこう思ってたんだよ」とマイナスの言葉が返ってくるだけです。

彼が以前のあなたについて何も言ってこないということは「あえて言わない」という優しい選択をしているということです。そんな優しい彼に一方的に自分の思いをぶつけたいという気持ちを押しつけることは、してはいけないのです。

それよりも、「あえて言わない」という選択をした彼の優しさに気づき感謝しましょう。そして、あなたも「あえて言わない」という選択をしてください。

その優しい選択に気づいた彼が感謝する日がきっと来るはずです。彼がそれに気づかなかったとしても、彼自身が新しい関係に居心地の良さを感じることは確かです。それだけで、十分ですよね。

 

自分の感情をコントロールしよう

これまで何度も繰り返しお伝えしてきたように、自分の感情を暴走させることは、ほとんどの場合マイナスに働きます。逆に、自分の感情をある程度コントロールできるようになると、二人の関係は安定してきます。

ここでいうコントロールとは、単に自分の感情を抑え込むという意味ではありません。「適度に感情を吐き出しつつも、相手を傷つけないようにする」「たとえ自分が怒っているときでも、相手の気持ちを考えてある程度言葉を選ぶ」など、あなた自身の感情ではなく、彼を中心に物事を考えることです。

復縁を目指していた半年間はできていたことですよね。この半年間で学び実践してきたことは、二人で幸せに過ごしていくためにもとても大切なことなのです。ぜひ、忘れないようにしてくださいね。

 

 

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

復縁マニュアル

第1位

[女性用]
復活愛!川村大地の4ステップリカバリー

第2位

復縁女性版
7つのステップでもう一度好きにさせる方法

第3位

【復縁女性版マニュアル】女性限定!『復活愛の極意!元カレと寄りを戻す方法』

女子力向上プログラム

第1位

セット限定【980円】
美顔革命!この価格が実現したワケ

第2位 【モンドセレクション金賞】ダイエット食品、
スピルザDXを本体12,000円)が全員無料!
第3位 エルセーヌ「小顔」体験キャンペーン